福音を中心とした生活:日本

生き方を変える力を持つ福音をあなたの日々の生活に結び付ける

あなたの人生を無駄にしないでください | Don’t Waste Your Life (Japanese)–John Piper | ジョン・パイパー

Leave a comment

ジョン・パイパー牧師のメッセージです。(8 minutes only).
人生の生きる意味について、考えさせられます。

だれの友人ですか? (English Translation Available).

Leave a comment

To read in English CLICK HERE.

jesus-friend-of-sinners-1

イエス「取税人や罪人の友!」

ルカ7:34

罪を犯して生活している人が、「その牧師は、私が罪を犯して生活しているにもかかわらず、私を差別しないし、私の事をあきらめません。私は、彼の中にイエスを見ます。それが、私が教会に戻った理由です。」と、ある主任牧師について語ったことを思い出しています。私は時々、福音を述べ伝えようとしている人から、その人の罪の話についてのemailを受け取ります。私は、人々に、あたかもへりくだっているかのように、自分の罪の話をすることが好きではありませんが、それと同じくらい、人々に、彼らの罪について話すことも好きではありません。私が福音を述べ伝えるのは、私がただ罪人であるばかりではなく、神の最高の恵みにより、(義⦅正しい⦆と認められた)聖徒でもあるからです。私が人々に福音の話をするのは、私が、罪人であり、文字どおりすべてを、神の恵みに頼っているからです。私の時間を人々のために使うことの一番大きな楽しみは、私たちの働きによらず、神の働きによって助けられた人々からの手紙を読むことです。そして、以下は、ある信仰の兄弟からのemailの抜粋で、その証は、私の心に、とても平安と喜びを与えてくれました。この証は、私に、立ち止まって、自分にもう一度以下の質問をする気持ちを起こしました。すなわち、イエスに従うものとして、私は、罪人の友なのだろうか、それとも敵なのだろうか?という問いです。このemailは以下のようなものです。 Continue reading

クリスチャンに福音を伝える | ノンクリスチャンを弟子訓練する (Also available in English)

Leave a comment

By Dr.Joseph Kim.  For English version click HERE. 

discipleship

クリスチャンはしばしば、福音伝道と弟子訓練を別々の分野のものと考えています。このことについての普通の理解は、福音伝道はノンクリスチャンに福音を伝える事であり、弟子訓練はクリスチャンを信仰において成長させることであるということです。この2つの考えは共に正しいのですが、私は、これは完全な理解ではないと確信しています。

Ⅰコリント3:6にこう書かれています。「私が植えて、アポロが水を注ぎました。しかし、成長させたのは神です。」使徒パウロはクリスチャンの回心を、人間が努力して種をまき、水をやることに例えています。しかし、霊的な成長をもたらすことが出来るのは神のみなのです。クリスチャンの回心において、中心となるのは、未信者でもなく、福音伝道者でもなく、神ご自身なのです。福音伝道者は福音の種をまき、水をやるかもしれませんが、霊的な成長という領域は、神のみに属するのです。

Continue reading